健康随筆 『健勝祈』

体の調整法を紹介 ・ 日々の綴り

『おしり』が主役 (^-^)/


f:id:nicopi3104:20190921092025j:image

 みなさんは 日頃『おしり』を意識していますか?

 意識している方は どの様に意識していますか?

 日頃から『おしり』を どれだけ使いこなせていますか?

 

私は、どんな時も 体の動きにおいて (静においても、動においても。) 『おしり』が主役 だとして、 おしりの使い方を徹底的に意識しています。

 

常に『おしり』の存在感と共にある。。

そんな日常です。

ふふふ。。

 

変態です…

 

・・・

 

 健康を求める時に、体の上手な使い方を学ぶにあたり、絶対に欠かす事の出来ない事であり、1番大切な事。

 それが『おしり』の使い方です。

体の動きは『おしり』の使い方で決まる。。

私はそのように言い切ってきました。

 

理想的な立ち方とは。。

理想的な歩き方とは。。

理想的な座り方とは。。

 

ここに『おしり』の使い方が答えとなります。

 

では どの様に使えば良いのでしょうか。。

それは これからたくさん紹介して お伝えしてゆきますね。。

 ここでは 安全で上手な体の使い方とは『おしり』の使い方で決まる。

 という事を 踏まえておいてほしいのです。

 

 みなさんは 子供の頃から 先ほど出てきた3つの事を徹底的に学んだ事はありますか?

立ち方。 歩き方。 座り方。

 

 ここの仕上がりが万全でないがゆえに、また『おしり』の意識の欠落にこそ 体の不調に至る原因が多くあるのではないか・・

 私はそのように想っています。

 

・体の不具合を良くしたい。

・体の各部の痛み等をなくしたい。

・出来ない事が出来るようになりたい。

・取り組んでいるスポーツ等のパフォーマン      スを向上させたい。

 

以上のようなテーマについて、答えの1つになりえるのが 『おしり』の使い方 ですよ。

 

 日頃 おしりがどの様に使われているのか。

 これがとても重要な事になります。

 

 健康的な方は、『おしり』を上手く使いこなせています。

 

 健康的な方→ 『おしり』が体の動きを仕切っている。

 調子の悪い方→ 『おしり』が体の動きに参加出来ていない。

  

 これが私がこれまで見てきた現実です。。

 

 おしりが上手く使えると、足腰の負担が減ります!

 姿勢の悪い子供たちも、 足腰 に故障を抱える大人たちも、 良く観察してみれば『おしり』が上手く使えていませんでした。

 それゆえに、足腰に不調が生じている。。

 

ここで 足腰 という言葉が出てきました。

よく使う言葉だと思います。

  足と腰…

 

ためしに 足腰という言葉を 『おしり』という言葉に置き換えてみましょうか。

 

足腰を鍛える。→『おしり』を鍛える。

足腰が衰える。→『おしり』が衰える。 

 

この方が 体の不調を理解するのに 的を得ている と想います。

 

『おしり』を理解すればするほど。

これからの生活に、おしりは 健康的に欠かせないテーマとなります。

 そして より緻密に追求してゆくと、おしりの凄さ、偉大さにおしりが大好きになってゆく事でしょう。。

 

 みなさんは変態になります。

おしりを語り、おしりを実践する日々に健康が重なってきます。。

 

 いつも後ろにあって、見ることのない『おしり』。。

 おしりに意識の眼を向けてゆく事が、健康法の基礎であります (^-^)/

(体の声を聴くということです。)

(体はウソをつかないということです。)

 

 どの様に意識して、どの様に使って行けば良いのかを、これから様々な場面でお伝えしてゆきます。

 

 回を重ねるごとに、実践する日々の過程で『おしり』が好きすぎてたまらないようになると想っています。。

 

 足腰の意識から『おしり』への意識の移行は、健康法の大切な1歩となるでしょう。

 

 

 

 

 

 

立っている時の 『 曲がってしまった腰を 元に戻すのだ~ ~ (^-^)/』


f:id:nicopi3104:20190911160009j:image

しゃがんで仕事をしたり、座る時間が長かった (デスクワークや車の運転など) 時に、立ち上がってみると 『腰が曲がったまま固まってしまう』事があります。

 

 腰の力で 腰を反らそうとしても痛くて反れない。

 そんな時に できるだけ早く 腰をシャキッと伸ばしたいものです。

 前回は『肘つきの四つん這い体操』をお伝えしました。

 

 今回は 立っている時に その場で立ったままで行う 腰を真っ直ぐに伸ばす体操 をお伝えしますね。 (^-^)/

 

 これまで みなさんにお伝えして来た事を振り返ってみてください。

 その中に 答えがかくれんぼしていますよ。

 … さて どの回でしょうか。。?д?

 

正解は『背伸びと腹式呼吸

 

の2回でした。

 

 背のびの体操は 数多くある有効な体操の中でも 『1番大切』 だと思っています。

 

 最も有効で大切な体操なのに、ついつい忘れがちになってしまう。。

 

 腰を元に戻す時にも、背のびをするのです。

 

 では 背のびをおさらいしましょう。。

      《 コツ 》

・手を上に上げて (腕は耳の真横へ)  肩甲骨肋骨 を真上に持ち上げるように、内臓を持ち上げるように 伸びてゆきます。

 (腕が上がらない方は、上げられる所までで良いです。)

   そして、

腹式呼吸を行う事。

 

でしたね。

詳しくは以前の記事、『背のびと腹式呼吸』でおさらいしましょう。

 

今回は、『固まって 曲がってしまった腰』に焦点を当てますよ。

 

 真上に 肩甲骨と肋骨を持ち上げるように背のびをすると、 『腰は伸ばしてもらう側』となって 腰に力を入れなくても伸び始めます。腰に力を入れる必要はありません。

  腰には力を入れない事が大切です。

 ゆっくりと腹式呼吸をしながら伸ばし続けると…

 内臓とお腹の大きな動きによって 硬直した腰の筋肉は マッサージを受けるが如く、内側から『ほぐれてきます』。

 

⭐️ほぐれるから伸びるのですよ。。(^-^)/

 

  今回は ここから 『おしり』を使います。。

背のびをしながら 左右のおしり の筋肉に力を入れて、ギュッ ギュッ と 紙を挟むように力を入れて 下さい。

 (おしりのあなではございません…)

 

ひとしめ 1絞め(ひとしめ) …

ギュッ    ギュッ   と おしり に力を入れながら

背のびをしつつ 腹式呼吸 を行いましょう。

 

  おしりは 力強く絞めても良いですよ。

 

  《背のびをしながらおしりを絞める》

これが今回お伝えする 腰の調整法です。

 この体操により 骨盤が『起き上がってきます』

そして腰の筋肉の硬直が内側からほぐれて、背筋は真っ直ぐに戻って来ます。。

 

腰に力を入れる事はしません。

 

 疲労などにより 硬直した腰の筋肉は、お腹の動きによってほぐれてゆきます。

 そして

おしりの絞める動きが骨盤を起こしてくれます。

 背骨が乗っかる 『土台(骨盤)の角度』 が良くなれば 当然 上に乗っかる背骨や腰の曲がりは正されてゆくものです。

 

 腹式呼吸により、酸欠になることもありません。。

  なので、ゆっくりと 落ち着いて 伸ばし続ける事が出来ます。。

 

  背のびを終えたら、手は 真横からゆっくりと下ろして。。

 肩甲骨の回りの力を抜きましょうね。。 

これで大丈夫です。。 

  ここまで行うと きっと曲がった腰は 真っ直ぐに戻っていると思います。 (^-^)/

 

 腰の疲労は、出来るだけ早く抜いてあげましょう。。

 

 

 腰は おしりと肩甲骨が主導権を持つ動きに身を任せて、 動かしてもらう側となり、 楽に動けるようになるのです。

 

腰の力で 腰を反らす必要はないのです。

 

どうしても 固まっていて 痛む腰に意識が向きがちになりますが、 おしりと肩甲骨 に意識を向けて下さい。。

 

 真上に背のびをする事は、 『真っ直ぐの姿勢とは何か?』 についての 答えを示してくれます。

  

  おしりの事。

  真っ直ぐの姿勢の事。

  これから後に たくさん登場してきます。

健康の為に、その日の疲れはその日のうちに抜く。。

体の歪みも 疲労を抜きながら正しておく。。

 

大切な事だと思います。(^-^)/ 

 

車から降りたら 早速行ってみましょうね♪

 

 

  

 

 

  

  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

曲がった腰を元に戻すのだ~ (^-^)/


f:id:nicopi3104:20190901111144j:image

 重労働の後や、長時間 一定の姿勢で頑張った後などに 腰が曲がったまま固まっちゃう 事があります。

 腰が痛くて 固まっちゃって なかなか元に戻らない。。

 その様な 腰がしんどい時に、 腰をゆるめて元に戻す体操をお伝えしますね。

  既に腰が『くの字』に曲がったまま、元に戻らない方も 毎日少しずつ行うと、『元に戻ろうとする力』が自然に発動しますから 是非取り組んでみてほしいです。

 

        《腰をゆるめる体操》

⭐️  四つん這い +  腹式呼吸 = 腰がゆるみます

         ・四つん這いのなり方

 今回の四つん這いは 肘を付きましょう。

膝(ひざ)の位置は 股関節の真下に置きます。

膝は肩幅くらいに開きます。

頭は軽く下げておくと良いでしょう。

(おでこは 床についていても良いくらいです)

 

さて 四つん這いになれたでしょうか。。

      ここで

     腹式呼吸を組み合わせましょう。

まずは 息を吐き、お腹を 凹まします。

そして 息を吸い、 お腹を 膨らまします。

お腹の動きについては、これまでの腹式呼吸を思い出して、確認して下さい。

 

 

《四つん這いになって腹式呼吸をする。。》

①つ目のポイントは・・

息を吸った時に、腰が 楽に 自然に『反る』事になる という事です。

 

 お腹が膨らむ勢いで『腰が反り始めます』

重力の作用でお腹を膨らませるのが楽に出来ると思います。

 ( 反対に 仰向けの場合の腹式呼吸では、重力により、吐くのが楽になり、吸うのに力が必要になります。)

仰向けと、四つん這いでは 腹式呼吸における力の作用が逆になるという事を、ここで踏まえておきましょう。。

 

 

さて  腰はどうなっているのかな。。

腰を中心に観察してみましょうね。

 

お腹を膨らまして息を吸ったとき→自然に腰が反ってきます。

お腹の力で腰が動きます。

腰の力で腰を反らすのではなく。

お腹の力で 腰は 『動かしてもらう側になる』 という事が起きています。

これは大切な事です。

 

さらに 重力の作用を味方にして、 自然に曲がった腰が元の反り具合に戻ってくる。。

そんな感覚です。

 

何回か繰り返したら次に進みましょう。

 ②つ目のポイントは・・・

 息を吐く時にお腹を凹ましながら、『猫背になる』 事です。

 

 ここでは腰のストレッチをねらっています。

コツは、股関節を中心に 骨盤を立てるように

猫背にしてゆくと良いと思います。

 

 大切なポイントは 、凹んでゆくお腹の力によって 腰が持ち上げてもらえている 感覚でいて下さい。

ここでも 『腰は動かしてもらう側』 になるという事です。

 

それでは ①と②をまとめて、

肘をついた四つん這いの体操を行います。

 

息を吸い、お腹を膨らます時に、腰は反ってゆきます。

この時、無理に腰を反らさないようにしましょう。

勢い良く吸って、『酸素の瞬間チャージ』をかけても良いです。

 腰は自然な反りを取り戻してゆきます。

 

 息を吐く時は、腰のストレッチ感を心地よく感じていて下さい。

 慣れてきたら、吐く時の お腹が腰を持ち上げる力をきっかけにして、しっかりと腰を伸ばすように猫背になりましょう。。

 

⭐️日頃猫背に悩んでいる方は、ここでは思いっきり猫背になりましょう。

むしろ・・

『 天高く猫背になるのだ~っ!! 』

と頑張ると、反動的に反りが生まれるので頑張って猫背になりましょう (^-^)/

 

だんだんと 腰の反りと猫背の膨らみの 振り幅が大きくなってきます。

 

繰り返すうちに緊張して曲がって 固まっちゃった腰が 少しずつ弛(ゆる)んできます。

 そして、腰に溜まった疲労が抜けてゆきます。

 

内臓も 大きく動く事が出来ます。

腰の筋肉を内側からマッサージをするように弛めてくれる体操ですよ。。。

 

曲がってしまった腰を、安全に元に戻してくれる体操。。

それが肘つきの四つん這い体操です。

 

毎日 体をリセットする事が出来たならば、

疲労を積み重ねて少しずつ曲がってしまう腰にはなりません。

 既に曲がってしまった方も、 『真っ直ぐに戻してゆく力 』を手にいれて発動させてください。

ゆっくりと元に戻ってゆきます。。

 

2本足で立つ事や歩く事が困難になった時、

赤ちゃんから再びやり直す。

 そして再び立ち上がる為の準備を調えて、立ち上がるのです。

 

この心を日常に生かしてゆく事です。

 

少しずつ真っ直ぐに戻してゆく力とは・・

自然の重力です。

力を発動させる姿勢が四つん這い。

そして お腹が動くマッサージがサポートしてくれます。

 骨盤を立てる事によるストレッチは、腰に負担をかけないストレッチとなり、実に心地よいものです。

 

1日のスタートに行っても良いと思います。

1日の活動がスムーズだと思います。

 

立っている時に 曲がってしまった腰を伸ばす為に、腰の力で腰を反らしているのを良く見かけます。

これが腰痛の元になっている事があります。

 

 体操を終えたら そのまま『四つん這いのハイハイ』で2・3歩進んでから立ち上がりましょう。

 

 すると… 先程までの 腰の硬直感、疲労感はどうですか?

 曲がったままの腰は自然に反れていると思いますよ  (^-^)/ ♪ 

 

 

次回は、外などで四つん這いになれない場合の、立っている時に腰を伸ばす方法をお伝えしますね (^-^)/

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

誰にでも効果がある『四つん這い』とその意義

f:id:nicopi3104:20190825054834j:image

私達は 赤ちゃんの頃に『四つん這い』になって『ハイハイ』をしてから、立ち上がりが出来るようになり、歩けるようになりました。

人類は みんな 必ず 同じ道を辿ります。

 

 2本足で立ち上がり、歩行を可能にする為に必ず行う事が『四つん這いとハイハイ』です。

 

四つん這いと ハイハイは

『立ちあがる為の体の基礎を作り、調えます。』

そして

『2本足で歩く為の体に仕上げてくれます。』

 

また『ハイハイ』をすると

左右のバランスを調える事が出来て

骨盤の調整と、 筋肉を使いながら調整ができますし、

肩甲骨を筆頭に 首や肩の調整も出来ます。

頭の位置の工夫次第で、脳や内臓機能の調整も可能です。。。

 

人生が100年くらいあると仮定して、

赤ちゃんの時期に およそ1年くらいを四つん這いとハイハイで活動していますから、

人生の1/100を 四つん這いとハイハイで過ごしている事になります。

そこで 今日も生きているこの 1日を、人生の100年に置き換えてみましょう。。

1日の 1/100の時間 となると およそ10分弱 になります。

 

この事を1日の生活に生かしてみましょう。

朝、目が覚めた時を 産まれた時に置き換えてみるのです。。

そしたら 普段は布団から出て直ぐに立って歩くところですが、

ここを 赤ちゃんの時の四つん這いとハイハイの時期にしてみるという事です。。

 時間のある時には、直ぐに立ち上がらないで、ゆっくりと 四つん這いをして、そしてから ハイハイをしながら少し移動して ハイハイしながら立ち上がってみて下さい。

 

時間は短くても構いません。

数秒でも効果がありますから。

 

四つん這いになり ハイハイをしてから立ち上がってみると・・

きっと体が『軽く感じられる』と思います。

 私は とても軽くて 動きやすい体に感じています。

 

赤ちゃんの時期は 自分には終わった事になっていると、とてももったいないと思います。

 

毎日 進化の過程を さらっと辿りながら生活してゆけたら素敵だな。。

って想います。。(^-^)/

 

 健康につまずいたり、立ち止まらざるを得なくなった時に、

健康への答えを見出だす事が出来る世界が『四つん這い』と『ハイハイ』にあるように想うのです。。

 

 赤ちゃんの時期よりも、もっと上手な四つん這いとハイハイをしてみたい・・(^-^)/

 出来れば 四つん這いとハイハイを 『極めてみたい』

 大人になって、改めて 健康に至る秘密がたくさん詰まった『四つん這い』と『ハイハイ』の価値を噛み締めて、味わっているところです。。f(^_^)

 

良いですよ♪ 四つん這い♪

 

せっかく『四つん這い』になるですから、具体的な方法を改めてお伝えしてゆきましょう。

 

四つん這いとハイハイは偉大な健康法だと想います。

 

赤ちゃんみたいに、まずは 理屈抜きで 好きなように四つん這いになり、ハイハイをしてみて下さいね♪♪

 

  

 

   

 

 

 

四つん這いになって 『復活への突破口を開く』

f:id:nicopi3104:20190813200746j:image

私達は、産まれてからの乳幼児期に1年くらいの期間、『 四つん這い』の『ハイハイ』をして過ごしながら 立ち上がれる様になりました。

 

人類の進化の過程を見ても、海の生き物から始まり、 四つ足歩行を経て、 そして2本足歩行へと進み、今現在に至ります。

 

私達の体は、お母さんのお腹にいる時に、単細胞生物から始まる、永い 永い 進化の過程を、一気に 僅か10ヶ月あまりで辿ります。

 

そしてから、産声をあげて『バブちゃん』となり、ハイハイをしながら立ち上がって来ました。(^-^)/

ヨチヨチ歩きを経て 走り回る子供を経て 大人になって 今に至るのです。

 

ふう。。

 

永~い歴史を 一気にまとめたので1息つきましょう。。

(腹式呼吸でね)

 

ふう。。

 

進化の過程は 壮大で 偉大であります。

 

そして、

ここを健康法として 認識したいのが今回の狙いです。

 

四つん這いが 如何に優れた健康法なのかを 多くの方と共有出来たら嬉しいです。。

 

そこで 私が体験した 実例の1つを取り上げる事にいたします。。

 

『四つん這い』と『ハイハイ』で復活した おばあちゃんのお話です。

 

当時85歳のおばあちゃんです。

この方は 内臓にいくつかの持病をお持ちでした。

色々あって 歩行が困難となったので、今後は寝たきりになるだろうという事で、専門家を交えて ご家族での話し合いを持たれていました。

バリアフリーの家にしていく事や、

ご家族の方が これからの介護をどの様にしていくのかを話し合っておられる段階で、

ご家族の方から 私の方へ おばあちゃんのマッサージの依頼がありました。

 

私は おばあちゃんの実情を、ご家族の方から聞きました。

そして おばあちゃんご本人様からも 体調の現状 をよくお伺いしました。

家の中の移動も車椅子になるだろうとか、

杖をついても数歩しか動けない事。

この先のリハビリの在りようとか。。

 

よくよくお伺いした上で…

 

私の語った事。

私 『おばあちゃん、四つん這いになれますか?』

 

おばあちゃん  『なれると思う』

 

私 『今 出来そう?』

 

おばあちゃん    『やってみようか・・』

 

 おばあちゃんは、早速 ベッドの手すりに捕まりながら 降りるように 床に 四つん這いになりました。

 

私  『おばあちゃん、四つん這いになれたね、  良かった~。  そしたらね。 そのまま ハイハイしながら、食卓まで移動してみて下さい。』

 

 おばあちゃんは、私の言う通りに ハイハイをして 食卓へ移動する事が出来ました。

 

私 『じぁあ 椅子や テーブルに捕まりながらで良いから、起き上がって 椅子に座って下さい。』

 

おばあちゃんは、捕まりながらゆっくりと椅子に座る事が出来ました。

 

娘さんが おばあちゃんにお茶を出しました。

 

おばあちゃんは、ゆっくりとお茶を飲みます。。

 

 

私 『車椅子を使わないで、ここまで(食卓に)1人で これたじゃん♪(^-^)/』

 

私から娘さんへ 『四つん這いが出来て ハイハイで移動が出来たので、家の中の移動は 四つん這いとハイハイで行う事にしたらどうですか?』

 

私 『これなら 娘さんも おばあちゃんに付きっきりの介護をしなくて良いし、

ハイハイで移動していれば おばあちゃんも いづれは 立って歩けるようになるかもしれませんよ。』

 

私  『板の間をハイハイするのは、膝も手首も痛いでしょうから 生活の動線(通路)はマットを敷いて痛くない様にしましょう。』

 

私 『これから1ヶ月位の間は、バリアフリーをマットを敷く事にして 様子を見てみませんか?』

 

娘さん 『おばあちゃんが 独りで動けるなら助かるから それでやってみようかな。』

 

おばあちゃん 『これで(ハイハイで)移動してみる』

 

(^-^)/ (^-^)/ (^-^)/

 

 そんな会話をしたのちに、 隣にある畳の部屋に布団を敷いてもらって、おばあちゃんにはハイハイでお布団まで移動してもらいました。

そして 私はおばあちゃんにマッサージの施術を行いました。

 

ここまで おばあちゃんは、

車椅子を使うことなく。

杖をつく事なく。

ご家族の介助もなく。

 

おばあちゃんは 自力で、畳の部屋へ移動して、ベッドではない床に敷いたお布団に 横になることが出来ました。

 

 

私は 2週間後にもマッサージに訪れました。

お家の動線にはマットが敷かれていました。

そして おばあちゃんは、ごく自然に『四つん這い』と『ハイハイ』を生活に取り込んで家の中を移動しておられました。

 

ゆっくりと。。

急がない移動。。

深い呼吸。。

そして お尻の筋肉を動かす意識を持つこと。

 

これらの4つほどをアドバイスして、マッサージの施術もして 2週間後にもまた マッサージをする事にしてこの日を終えました。

 

そしてまた施術の日になりました。

四つん這いを始めてから1ヶ月ほど経った時期です。

 

4つほどのアドバイスから2週間が経ち ハイハイに少し『力強さ』が感じられました。

掴まり立ちや、掴まっての四つん這いへの移行もスムーズに感じられました。

 

  マッサージを終えて 2週後の施術の予約をいただいたので、再び2週間後におばあちゃんに会いに訪れました。

 

この時は 四つん這いを始めて およそ1ヶ月半経った頃になります。

 

 おばあちゃんに会うと、おばあちゃんは 杖をつきながら歩いていました。

 

おばあちゃん 『もう 歩けるよ。』

おばあちゃん 『まあ 膝や腰も痛いけど、歩けるよ。』

 

 この頃には おばあちゃんは、ゆっくりと2本足で立っての移動が出来ていました。

 動きを見ての印象は、杖をつきますが、 杖に頼りきっていない体の動きだと思いました。

 

 そして 驚いたのは、この頃には手押し車を使用して、外の庭の畑へ行けるようになっている事でした。

 

 大好きな 畑のお話をされている時の おばあちゃんは、キラキラしてとっても可愛かったです。

 

娘さん 『おばあちゃん 元気になって良かった~♪』

 

 ご家族の皆さんは おばあちゃんの回復をとても喜んでいました。

 

その後 10年間、おばあちゃんは体調に波はありましたが、とても元気に過ごされました。

 

 

四つん這いと ハイハイをきっかけに 『復活』 してからの10年間、 ずっと元気に畑へ行ける日々を送られました。

 

寝たきりになる事も無く。

車椅子生活になる事も無く。

介護になる事も無く。

 

10年経ち、年齢の事もあり、おばあちゃんは他界されたのですが。

 

他界されるその日も 午前中は畑に行って お野菜の収穫をされていたそうです。

 

私が強い信念として持っている想いは。。

《 2本足で立つ事、歩く事が困難になった時は、もう1度赤ちゃんからやり直す  

 

これを 多くの方にお伝えして来ました。

四つん這いになり、ハイハイをする事で再び立ち上がれる様になる為の 体の準備を調えるのです。

《 再び歩けるようになる為の 『復活への活路』を、四つん這いとハイハイに見出だす 》

という事です。

 

赤ちゃんは杖をついて歩きませんよ。

赤ちゃんは車椅子で移動しませんよ。

赤ちゃんは立ち方、歩き方を 『理屈で学びません』

 

おばあちゃん達にも、赤ちゃんと同じく 細かい理屈は要らないと思います。

ハイハイを懐かしみながら 体調を調える調整法として 取り入れられたら良いなって思います。

再び立ち上がれる日を楽しみにして、

もう1度 進化のプロセスをたどる事。

 

赤ちゃんからやり直すという事。。

 

四つん這いは偉大な健康法であると思います。

 

復活への突破口を開く大きな可能性を持った  『四つん這い』 そして 『ハイハイ』 を健康法に取り入れてみて下さい。

 

次回は 『誰にでも効果のある 四つん這いと   その意義』をお伝えする事にしましょう。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

『四つん這い』 で 体は調います。


f:id:nicopi3104:20190805170316j:image

数ある体操のうち、あえて1番を挙げるとすれば 『背のび』 です。

背のびと 腹式呼吸との組み合わせは最高です。  寝ながら出来ます(^-^)/

 

そして、数ある体操で 2番目を挙げるとすれば・・・

私は『四つん這い』を挙げます。

 

四つん這いを 重要な体操に挙げる理由は いくつもあります。

 

四つん這いが 健康法として とても素晴らしいので、好きすぎて 語れば長くなってしまいます。

なので ここでは簡単にお伝え致します。

詳しくは、これから時々『四つん這い』に登場していただいて、いずれ そのスケールの大きな全容を掴んでいただけたら嬉しいです。

 

さて。

『四つん這い』は内臓、骨格、筋肉を それぞれを調える事が出来る『万能体操』です。

四つん這いで『じっとしている』だけでも、健康的に体を調える事が出来ます。

 

ただ じっと 四つん這いになるだけでも 体の調整が出来るとは、どういう事なのでしょうか。

 

四つん這いになると、 まず骨格が安定します。

・肩甲骨から腕の収まり具合の調整が出来る。

・骨盤と股関節の調整が出来る。

・猫背の矯正が出来る。

 

さらに

四つん這いで内臓の調整も出来ます。

・頭を下げる事で、脳の血流を調える事が出来ます。

腹式呼吸により、内臓の血流を調える事が出来ます。

 

四つん這いになるときに、

手首が痛くて、手のひらで着けない方は、

肘を着いても良いでしょう。

あるいは『握り拳』の拳で着いても良いと思います。

 

とにかく 毎日欠かさず、1回以上、1分以上、四つん這いになってほしいのです。。

これに対して、

『どれくらいおこなったら良いですか?』

との質問をいただくことがあります。

 

私は 『やりすぎはない ので、自分で納得がいくまでやってみて下さい。』

それは

心が、『 よし 』  と思えるまで。

と、答えています。

 

あまり『きちきち』に時間や回数を決めない方が良いと思います。

体調も、その日の疲れ具合や、時間の段取りなど、流動的なので、その日によって答えは違うもの。。

体の声を聴きながら、穏やかに四つん這いになりましょう。

 

        《コツ》

・腰を無理に反らそうとしないで、力を抜く。

腹式呼吸を組み合わせる。

 

無理に反らそうとしないで腹式呼吸を行うと、1呼吸ごとに自然に腰は理想の反り具合に調います。

これは 《地球の引力を味方にする》 調整法です。

 

行ってみると、仰向けの腹式呼吸とは『真逆』に感じると思います。

つまり、四つん這いでは

吸うのが楽 に出来るでしょう?

仰向けでは 吐くのが楽 だと思います。

 

誰だって、立っている時や、座っている時に、猫背になっちゃったり、腰が曲がってしまう事はよくありますよ。

そこで力んで体を反らそうとしても、しんどいです。。

立っている時や座っている時には『背のび』

で矯正してください。

楽ですから。f(^_^)

 

 

四つん這いになれる場所があれば、是非 四つん這いになって腹式呼吸をしてください。

自然に腰の反り具合と 背骨の反り具合が調います。

 

     そこまで出来たら・・

 《猫背になりましょう》

背中を伸ばして、腰を伸ばしてゆきます。

そしてまた 力を抜きましょう。

 

1段階目の 今回の四つん這いでは、頭は軽く 下げっぱなしにしておいて下さい。

 

これから先には、 四つん這いの体操が様々なバリエーションへ発展してゆきます。 その際に頭の位置も色々変わります。

 

今回は 頭を軽く下げておくのがコツです。         f(^_^)

 

腰回りや背中に溜まった疲れ…

肩や首や頭に溜まった疲れ…

四つん這いになって 腹式呼吸をすると、

よく疲れが抜けてゆきますよ。

 

次回は四つん這いになる事で

『復活への突破口を開く』 お話をしたいと思います。

 

四つん這いが、どれだけ凄い健康法なのかを、少しずつお伝えしてゆきます。

(^-^)/

 

 

 

 

 

手の素晴らしさ。。


f:id:nicopi3104:20190722113330j:image

                      《手》

手の感覚って とっても凄いのです。

指先や 手のひらが持つ能力の数々。。

 

日頃 手の感覚を気にしないで生活していませんか?

これからは 手を使いながらの体の調整法がいっぱい出てきます。

時には手が主役となったり、サポートに回ったりと、手は健康法に欠かせません。

 

なので ここでは手の能力を 知識として踏まえておくと良いと思います。

 

まず、 手の感覚には どんなのがあるでしょうか。

         《手の感覚は高度なセンサー》

手の触れた所の~

・ 固さや、柔らかさが分かる。。

・ 熱さや、冷たさが分かる。。

・ ざらつき、すべすべ、ツルツルが分かる。。

・ 脈 (鼓動) を感じる事が出来る。。

・反発力を感じる事が出来る。。

 

この感覚は 本当に凄い能力だと思います。

センサー(探知機)としてみたら、物凄い超高性能なセンサーです。

手を超える機械のセンサーは無いと思います。

 

そして…

 

《 手を使用する健康法と 手の機能 》

 

・体を圧(お)すことが出来ます。 

「 指圧 (しあつ) 手根圧(しゅこんあつ) 」  

 

・体を擦ることが出来ます。

「 マッサージ 」

 

・体を叩く事が出来ます。

「肩叩きなど  叩打法(こうだほう)」 

 

・体をつまむ事が出来る。

「 揉捏法(じゅうねつほう) 」

 

以上のように 手の指や、手のひらを使うと 様々な手技を行う事が出来ます。

(手技の効能は、いづれまたお話しますね)

 

これで全部ではないのですが、ざっくりと挙げただけでも これくらいあります。

 

感覚や手技を 深い所まで解説すれば、まだまだ沢山ありますが、それは これから 手を使いこなして、まるで 手が成長するかのようになってきたらお話しましょう♪

手の成長を楽しみながら、後のお話にとっておきましょうね。

 

ここでは 自分の手の素晴らしさを確認してほしい事がねらいです。

 

  なので 知識として、一応踏まえておいて下さい。

 

現代人類の 技術進歩は凄いです。それでも 先ほど羅列した感覚(センサー)と機能を持ち合わせた 手を超えるような機械は在るでしょうか???

( 私は見たことも 聞いたこともありません )

 

もしあったとしたら お値段はおいくらになるでしょうか???

 

私達は凄い手を持っているのです。

健康法の為に 使わない手はないのです(^-^)/

・・  ・ f(^_^)

 

健康の為に手をいっぱい使いましょう。

使っているうちに 段々と 手の感覚が鋭敏になってきます。

 

そして この手を上手に使いこなす事によって、様々な不調を 調子良く 調えてゆく事が可能なのです。

 

私は手の事を 《万能な超高性能 治療器》だと思っています。

とてつもなく優れた感覚と機能を備えた私達の『手』。。

そんな凄い『手』を 私達は持っているのです。。

 

せっかくなのでどんどん使ってゆきましょうね(^-^)/

 

どの様に使えば良いのか。。

そんな事もこれから学んでゆきましょうね。

 

手の優れた感覚で、皮膚の内側の奥まで感じとりながら手技を行う事。

それが手当てだと思います。        

                    《手当て》

まずは毎日、自分のお腹や手足を撫でたり、擦ったり揉んでみましょうね。。

 

まずは気の向くままに。。。

 

気持ちが良ければよいと思います。

最初の強さは弱めから、速度は遅めから圧したり揉んでみたり、擦ったり。。

軽く トントンと叩いてみたりしてみましょう。

その方が手の感覚が掴みやすいと思います。

 

 

せっかくなので 具体的に1つ 練習してみましょう。

上記の《手根圧》を使います。

手根とは手のひらの、『手首よりの部分』です。(ここが1番 力が入る所です)

  (弱い力でも十分に圧を加えられるとも言えます)

 

《手根圧》を 両手で行います。

寝ていても、座っていても、立っていても出来ますから、姿勢は自由です。

 

体の真横の脇腹(骨盤の少し上)に手を置いてから、お臍へ向かって、手根部を使って『お肉を絞る(搾る?)ように』マッサージをしてみましょう。

 

ぎゅ~~っ

 

そこに 《 腹式呼吸と組み合わせ 》 ます。

腹式呼吸の吐いて凹ます時に合わせて、左右から手根圧でマッサージします。

手のひらは、お臍を挟む感じで 力強くも優しく行って下さい。

・難しく考えないで、そんな風に想いながら行っていると、なんとなく そんな感じになってきますよ。。(^-^)/

 

何度か行っていると、お腹が温かくなってきます。

お腹を温めると きっと良い事があります。

 

お腹はマッサージを受けて どんな感じがしましたか?

気持ち良かったですか?

どの辺が気持ち良かったでしょうか。

あるいは、痛いところがありましたか?

 

少し痛いけど気持ち良さのある強さで行っていると、痛いところにはどんな変化があるでしょう。。

私であれば、暫く続けると 痛みが抜けてゆきます。

 

きっとその日の体調や、その日の疲れ等があって、『実や虚』が起きていて…

そんな状態も『手当て』によって改善するのでしょう。。

 

時々行ってみて下さいね。

 

暑い夏は内臓機能も低下しがちになりますから、手の力で内臓を元気にしながら乗りきりましょう(^-^)/

 

 

                 『手当て』のこころ

もし、身近なところに 手を使えない方がおられたならば、

また 体の不調に苦しんでる方がおられるならば、  是非 その方の手となって 力になってあげてほしいです。。

 

さすってあげるだけでも、『よしよし』って撫でてあげるだけでも気持ち良く元気になってくるかも知れません。。

 

素晴らしい手。。

物凄く優れた手。。

 

        健康の為に育ててゆきますよ。

                            (^-^)/